Webサイトをリニューアルしました。下記のバナーをクリックしてください。

Webサイト・リニューアルしました。新しいサイトは、こちら http://gitecenglish.jp/

KIDS英会話:世界最新のフォニクス 大人(中学生以上)英会話:自由予約制

英会話・英語の豆知識(6th June, 2015) - fold up(布団などをたたむ) / 自分で自分を褒めてあげよう

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」

子ども達が起床して、その次に使われるフレーズとして、「ベッドから起きて布団をたたみなさい。」という英語フレーズは、どのようになるでしょう?例文としては、"Get out of the bed and fold up the bedding."というような英語になります。"get out of ____"というパターンは、「〜から出る」という意味なので、他にも色々応用が効きます。(^^)/ 尚、"fold"と"hold"は発音が似ていますが、全然違う意味ですので、御注意ください。ちなみに、"Hold up"は、よく知られているように、「手をあげろ!」のような意味になります。「たたむ」と全然違いますね。(^_^;


(2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」

日本人は欧米人と比べて、「ネガティヴ思考が強い」と言われています。ある程度英語が話せるのに、「いえいえ、私なんて全然駄目です」という人が多いです。もちろん、控え目に行動するのが日本人の良いところなので、国内ではそれでも良いのですが、国際社会は反対です。少しでも話せるなら、「私は英語が話せます」と言っていいと思います。レッスンでも同じで、「上手く出来たこと」よりも、「上手く出来なかったこと」を考え過ぎてしまう日本人が多い傾向があります。上達するためには、上手く出来なかったことを対策することも必要ですが、英語学習を楽しみながら継続するためには、「上手く出来たこと」にもフォーカスしてください。少しでも「以前よりも、レッスンで少しだけ多くの英語が話せた!」と感じたのなら、(古い言い回しですが.....笑)「自分で自分を褒めてあげる」といった習慣も必要です。「出来なかったこと」ばかりに目が行ってしまうと、必然的に「全然、英語が話せない」というネガティヴ思考になってしまいます。「自分はこれだけ進歩したんだ!」という点も振り返って、(マイナス査定よりも、プラス査定で)自分を褒めてあげることで、やる気も出てくると思います。「少しでも上達した」と思ったときに、実際に自分自身に「御褒美」をあげてもいいと思います。おいしい食事でもいいでしょうし、小旅行でも構いません。また、ブランド物を買ったりしてもよいと思います。英語学習だけでなく、長く取り組む必要のあるテーマについては、そういった「プラス指向の自己査定」で、継続することが必要だと思います。(^^)/

posted by 泉佐野市 英会話 at 12:45 | TrackBack(0) | ⇒英会話・英語の豆知識

この記事へのトラックバック